今日も空はそこに在る

何気ない日々のことそして空のことを、文字や画像で保存していく。それだけの場所。創作(もどき)垢⇒https://hdzine.tuna.be詳細⇒https://knoow.jp/@/naconodays
何気ない日々のことそして空のことを、文字や画像で保存していく。それだけの場所。

創作(もどき)垢⇒https://hdzine.tuna.be
詳細⇒https://knoow.jp/@/naconodays
※それっぽく言ってみただけA

※それっぽく言ってみただけA

二、三日前のことだ。何の気まぐれか、ドーナツを手作りしようと思い立ったのは。
ホットケーキミックスが中途半端に残っていたこと、ちょっとした縁で冷蔵庫に牛乳ーー我が家には珍しいーーがあったことが相場だろう。

レシピ通りに作った筈が少々粉っぽい生地は、休ませ適当に成形して油で揚げると、黄金色のそれらは中々に美味そうであった。
すぐに粉砂糖を塗して食すと、一般的なドーナツという物と異なり"カリカリ"であった。だが、それはそれでアリだと、私は一応満足した。


しかし無常にも、時間と共にそれは固くなっていた。もうドーナツとは呼べない程に。思いつく対処法を試しても、成果は無い。

そんな時、ふと思った。

ーーコーヒーと一緒に食すのではなく、浸してしまえばいいのでは?

某海外文学の冒頭では、主人公がマドレーヌを紅茶に浸し食したと聞く。私もそれを試したが、悪くなかった。寧ろ、温かさと甘さが広がり、不思議な柔らかさを帯びたそれに小さな感動を覚えた。

だから、今回はコーヒーで試すことにした。

すると……固さは少し和らぎ、消えたと思っていた甘さがコーヒーを通じて再び口の中に広がる。悪くないではないか。
こうして、最後の一個のドーナツは私の胃に消えたのだった。

たまに海外で紅茶やコーヒー、子供なら牛乳に菓子を浸すのを見た記憶があるが、その気持ちがちょっと分かったかもしれない。

……そんなひと時を過ごした証、ドーナツの欠片が、ブラックコーヒーに浮かんでいる。

※※※※

今回はドーナツ作ってからのことを、それっぽく。
お行儀的にはアレだろうけど、ハマるかもしれんなこれ……。

name
email
url
comment